口臭の原因になる食べ物とはいった何?

口臭というものは、基本的には食べ物から作られてゆきます。

ニオイそのものは気にしても、ニオイの原因となる食べ物を気にしているは少ないのではないでしょうか?

食べ物を食べた後に歯を磨かなくては、もちろん口臭となります。

では、どんな食べ物が特にニオイを作ってしまうのでしょうか?

なんとなくは、ニオイのする食べ物は把握している。けれど以外にも口臭の原因となる食べ物もあります。

口臭の原因になる食べ物は大きく3つに分けられます。

1つ目は、食べ物の成分が臭いの元の場合。
食べ物に含まれる成分が体内に反応し、ニオイのある成分に変化して、肺から吐息として発生し口臭になります。

ニンニクやニラ。ラッキョウ・キムチ・アルコール類がその分類に当たります。

厄介なことに、このニオイはガムなどでは抑えきれない場合が殆ど。数日続く場合もありますから、特に

2つ目は、食べ物自体のニオイの場合。

納豆、チーズなど食べ物自体に強いニオイを持っています。食べてすぐ口臭に影響が出る食べ物ですが、30分ほどするとニオイが分からなくなるもの。

これは。唾液の消臭効果がしっかりと働いてくれるからといえます。これについては、意外にも気にしなくて大丈夫なのです。

3つ目は、薬の服用が原因のニオイの場合

実は、栄養ドリンクや薬・漢方薬など薬品系の物を服用する場合でも、ニオイが発生します。

病気の症状を緩和したり治療したりするのが目的で服用しますので防ぎにくいです。

ニオイ対策はこれ!ニオイを抑える食べ物まとめ

ニオイの原因となる食べ物を見てもらうと、どれもこれも日常で当たり前のようにある食べ物ですよね?

しかし、こういったニオイに対策できる食べ物もあり、またそれも日常に当たり前のようにある食べ物です。

消臭効果のある食べ物は、牛乳、レモン、梅干し、緑茶、繊維質の多い野菜、青汁。ブレスケアなどがあります。

牛乳ですが、にんにくによる口臭に消臭効果があると知られています。

牛乳の脂肪分と水分がニオイの元に働きかけ、ニオイを抑えてくれて、にんにくを食べる前や食事中に一緒に摂ると効果が高いと言われます。ただ、食後は効果が下がるためご注意を。

レモンですが、レモンには有機酸が含まれていて、唾液の分泌を促進させ悪臭の原因になるたんぱく質を分解する働きがあります。

口内の食べかすや腐敗臭、発酵臭が抑えられます。また、梅干しもレモンと同じ効果があります。

緑茶ですが、緑茶にはポリフェノールがたくさん含まれていて、臭い成分と結合したり、臭いを中和したり、殺菌作用などもして消臭します。

繊維が多い野菜・青汁ですが、腸内環境が悪化すると、悪臭成分を持つガスが発生し肺まで運ばれて口臭の元となります。

食物繊維は、整腸効果や便秘の改善など働きかけるので、腸内環境を整えたり、口臭の元になるガスを発生させないように働きます

ブレスケアですが、口臭に対して効果があると言われる成分を配合したものです。

その成分は、消臭効果が期待できるものを多く含んでいて、長期間飲み続ければ、食品と同じように口臭を抑えることに働きます。

ニオイを抑えるためには、ニオイをもつ食べ物を食べるタイミングも考えることで、より抑えられます。

ニオイの原因となる食べ物のまとめ

  • 食べ物自体、ニオイの原因となる場合もある。
  • 食べ物の成分・食べ物自体・栄養ドリンクや薬の服用がニオイの原因。
  • ニオイを抑える食べ物もある。
  • ニオイを抑えるには、ニオイをもつ食べ物を食べるタイミングも考える。

食べる前、食べている間に何か工夫をすれば、たいてい食べ物による口臭はある程度抑えられます。また、水分補給もその一つです。皆さんも、食前か食間に一工夫して口臭予防してみませんか?