虫歯も原因の1つ!?口臭には様々な原因がある!タブレットが口臭予防にいい理由

口臭は、なぜ気を抜くと起きてしまうのかご存知ですか?

本来、口の中の唾液が口臭の原因となる雑菌を洗い流してくれますが、口臭はいろんな原因で起きてしまうものです。

唾液の分泌量が少なかったり、虫歯があっても口臭は発生します。また胃や腸など内臓が悪い場合も、口臭が発生することがあります。

口臭予防をするには、しっかり食後の歯磨きをすることと、口の中が乾燥しないようにすることです。

口が乾燥してしまうと、口臭だけではなく虫歯を引き起こす原因にもなります。口の中は常に唾液で湿らせておくことが非常に重要です。

ただ、口臭予防のため・虫歯予防のために歯磨きをとは言っても、できない場合も勿論存在します。

外食をして歯磨きが無理な場合は、持ち運びが自由なタブレットがオススメです。

タブレットは一度、口に含むと清涼感がしばらくあるので口の中は爽やかになります。唾液の分泌も促進されるので、一時的には口臭予防があります。

また、ガムと同じように、爽やかな臭いで口臭を包み隠すマスキング効果もあります。

ただしタブレットを噛めばいいという訳ではないため、口臭予防・虫歯予防のためにも家に帰ったらきちんと歯磨きをしましょう。

しかし虫歯・内臓疾患などが原因で起こる強い口臭には、タブレットやガムなどが持つマスキング効果は逆効果になってしまうことが多いので気を付けておきましょう。

<口臭予防にいいタブレットは?何故効果があるの?>

口臭予防として、どんなタブレットがいいのかを紹介させていただきます。

まず口臭予防として有名なタブレットはフリスク、ミンティアなどですよね?

マスキング効果があり、食後のお口直しや眠気覚ましに活用する人も多いかと思います。

しかし口臭がヒドイときは、口臭とミントの香りがぶつかってしまい悪臭を放つ場合があります。

次に、口内環境をよくするデントヘルス オーラルヘルスタブレットや、口臭対策に特化したブレスコントロール デントタブレットもオススメです。

口臭の原因の1つである舌苔を予防してくれる、グリコのタブレット ブレオも外せません。

また、キシリトールのタブレットは歯を磨く前に噛むことで虫歯予防ができ、必然的に口臭予防も可能になります。

虫歯と口臭。両方防げるのなら良いに越したことはありませんよね?

タブレットが口臭予防にいい理由とは一体何?

  • 口内環境をよくする成分で虫歯や口臭が起こりにくい状態を作る。
  • 口臭を隠すマスキング効果があり、歯を磨けない外食などに便利。
  • しかし、虫歯や内臓疾患が原因で起きる口臭はタブレットでは隠せない。
  • タブレットでオススメなのが、フリクスやミンティアなど。

タブレットは一時的なものです、食後はしっかり歯磨きや歯間ブラシを使い口臭対策・虫歯対策をしましょう。