デンタルリンスとはいったい何でしょう?液体歯磨きとどう違うの?

口臭予防や虫歯予防として、最も効果的なのは歯磨きです。

最近はデンタルリンスの種類も多く販売されていますが、液体歯磨きとデンタルリンスは違うということをご存知でしょうか?

ここでは、口臭予防や虫歯予防ができるように、液体歯磨きとデンタルリンスの違いについてご紹介いたします。

デンタルリンスとは洗口液と言い、抗炎症作用により歯茎の腫れや出血を予防する作用を持ちます。

また出血や腫れを予防するだけではなく、薬用成分が歯茎に溜まり、口腔内に潤いを与え保湿をする作用もあります。

デンタルリンスには、歯磨きが十分できないときの応急処置としての使い方と、歯磨き後の仕上げとしての2通りの使い方があります。

デンタルリンスとは違い、液体歯磨きはチューブ状の歯磨き粉と同じように歯を磨き使用します。

つまり歯を磨く前に口に含んですすいだ後、歯を磨く必要性があるのがデンタルリンスとの違いです。

チューブ状の歯磨き粉と違って研磨剤を含まないので、歯磨きで歯をすり減らしてしまうこともなく歯を傷つけません。

デンタルリンスも液体歯磨きもボトルの裏面に必ず表示があるので、用途によって見分けて購入してください。

つまり、デンタルリンスはあくまで歯磨きにプラスすることで歯茎からの出血などを予防するもの。

液体歯磨きは歯磨き粉の代わりになるため、歯磨きそのものとなり、虫歯や口臭を予防できます。

口臭や虫歯を予防できる?デンタルリンスの効果的な使い方とは?

デンタルリンスは使い方によって効果に差が出ます。

デンタルリンスは液体歯磨きではないので、デンタルリンスだけで虫歯や口臭など予防するのは難しいです。

食べかすなど洗い流せますが、虫歯や口臭の原因となる歯垢を、完全に取り除くことはできません。

また、口臭の原因になるたばこのヤニ、コーヒー、ワインに含まれる歯が着色するステインを取り除くこともできません。

歯磨きや歯間ブラシなど並行して使用し、デンタルリンスを使用すると口臭予防効果は高くなります。

デンタルリンスは液体歯磨きとは違い、口臭予防の補助的役割をするものですので覚えておきましょう。

デンタルリンスは口臭予防や虫歯予防だけではなく、殺菌と保湿に有効なので、寝る前に使用するのが効果的です。

お昼ご飯を食べた後や口内をスッキリさせたい時に加え、就寝前にも使ってみましょう。

口臭予防をするデンタルリンスと液体歯磨きの違い

  • デンタルリンスは殺菌や保湿効果を持つ。
  • 液体歯磨きは歯磨きそのもの、デンタルリンスは歯磨きに加えるもの。
  • デンタルリンスを行うと、歯茎の腫れや出血を予防する
  • デンタルリンスは万能ではない。

デンタルリンスは、4つの効果があることが分かりましたが歯を磨いた後、デンタルリンスを使用しましょう。