肝内胆管がんとは?ワインの飲みすぎが原因って本当?

様々なバライティーやドラマに出演を務めていた女優の川島なお美さんが、2015年に亡くなったというニュースは大きな話題を呼びました。54歳という若さで亡くなった彼女ですが、亡くなった原因として挙げられたのが、2014年に発覚した「肝内胆管がん」という病気。その名の通りガンの一種でもあります。
癌は日本人の2人に1人が罹るといわれている病気で、日本人の死因第一位でもあり、さらに癌が原因で亡くなる方は1年で30万人ほどとされているようです。こんな風に亡くなる方が多い癌ですが、現代日本では早期発見することができるようになり、完治さえもできるようになっていきました。

そんな癌の1つである肝内胆管がんですが、癌の中でもあまり名前を聞かないためなじみが薄いものですよね?乳がんや肺がんだったらよく聞くけど、肝内胆管がんってどんな病気?一体何が原因なの?こう思われる方も、きっと少なくないことでしょう。

加えて、川島なお美さんで調べるとなんとワインが原因だという噂もありました!でも、ワインって癌予防効果や老化防止効果だってあるといわれ、近年健康食品の1つとしても数えられていたものの1つ。それなのに、なぜワインが原因と言われているのでしょうか?そもそも肝内胆管がんってどんな病気なのでしょうか?

胆管がんの症状と予後などの基礎知識について

胆内胆管がんとは、肝臓で作られた胆汁という消化液を十二指腸にまで送る通り道である、胆管に出来てしまった消化悪性腫瘍(つまり癌)のことです。胆管というと、肝臓と十二指腸の通り道までを指しますが、胆内胆管がんの場合は肝臓の中にある胆管に出来てしまった癌になります。

できた箇所によって肝臓外の胆管にできる胆外胆管がんと、肝臓内の胆管にできる肝内胆管がんに分けられ、胆内胆管がんのほうが肝臓や十二指腸に隠れてしまいエコーでは見つかりづらい上に自覚症状もほとんどない病気となるため、早期発見に至るのは全体に2割程度しかないといわれているのだとか!
だというのに、この胆内胆管がんは早期発見できるか否かで完治できるか分かれてしまうため、胆内胆管がんとは恐ろしい病気でもあります。

初期症状はほとんどないと書きましたがある程度まで進行すると、なんとなく体がだるい・発熱・食欲が下がる・体重が減っていく・肌が黄色くなっていく・尿が茶色っぽくなるといった症状が見られるといわれています。これらの症状が見られた方は、すぐに病院に行って診察を受けた方がいいとも言われているみたいです。

加えて肝臓などに出来る癌は、手術をしても再発するケースが多く、移転したり再発を繰り返したりと予後が良くない癌です。発生率や死亡率は増加していて、ステージにもよりますが、術後5年の生存率は32%ほど。
胆管がんは自覚症状が非常に乏しく、早期発見が難しい上に何回も再発する可能性がある肝臓系の癌。川島なお美さんに牙をむいた癌は、とても恐ろしいものであったことがわかります……。

胆管がんの原因はワインって本当?胆管がんの原因について。

胆外胆管がんの原因とは一体何なのでしょうか?一般的に言われているのが、コレステロールの摂取のし過ぎが原因とされているようです。コレステロールの摂取しすぎで、胆汁が石のように固まってしまう胆石ができてしまい、これが胆外胆管がんを引き起こしてしまうみたいです。
コレステロールは肝臓で作られるものと、食べ物から作られるものの方法があり、食生活でコレステロールを摂取しすぎてしまうと肝臓に負担をかけてしまい、結果的に胆外胆管がんのような胆管癌を引き起こしてしまうようです。

つまり、肝臓に負担をかける食生活が長いと癌を引き起こす可能性があるということになるようです。

そういわれると、川島なお美さんはワイン好きで有名でした。肝臓はお酒を飲むと負担がかかることは、皆さんご存知かと思いますが、ワインなどお酒の多飲は胆管がんの原因の一つになります。
さらに、ワインというとおつまみでよく選ばれるのがチーズ。川島なお美さんはチーズプロフェッショナルという資格も取得していたため、よくワインと共にチーズを食べていらっしゃったのだとか。チーズにはほかの食品に比べてコレステロール量が高い食品でもあります。食べ過ぎなければバストアップ効果や健康にもいいチーズですが、川島なお美さんの場合、もしかしたらワインと共に相当な量のチーズを食べていた可能性もあるようです。

食生活にも関係していて、脂肪分の多い偏った食事をしていると肥満体質になり、その肥満が危険因子として報告されていて胆管がんの原因の一つにもなります。

コレステロールの大量摂取により胆石ができてしまうと、胆石を患っていない人の約3倍胆管癌を発症する確率が高くなることもわかってきたみたいです。さらに肥満体系の方も胆管癌の発症確率が普通体系の方に比べると発症率が高くなってしまいます。

胆管がんの基礎知識とは?

  • 胆管の上皮にできる悪性腫瘍
  • 肝臓に負担がかかるお酒も原因の一つ
  • 脂肪の摂り過ぎで肥満体質も原因の一つ
  • 自覚症状がほとんど現れない

胆管がんは、早期発見がいかに重要なのかと言うことです。症状が出る前に、定期的な健康診断を心掛けた方がいいかもしれません。がん細胞は自分自身にあるので悪化させないように、日頃の食生活や生活習慣を見直して健康な身体を作りましょう。肥満体系の方はメディカルダイエットを始めてみると、医師とのアドバイスの元無理なく健康的に痩せることができるようです。