何で口臭ってするの?口臭予防でカギになるものは…歯磨きと唾液?!

気になる口臭を予防するには、日頃からのケア習慣を身に着けることが大事です。

基本は口の中に食べかすを残さないことで、毎食後、できれば歯磨きをするのがベストです。

歯磨きを怠り口の中に食べかすを残したままにすると、そこから雑菌が増えてしまい口臭のもととなります。

歯磨きが難しい場合は、せめて水で口をすすいだり、お茶を飲んだりしてください。歯磨きほどではなくても、それなりに予防効果はあります。

口の中を乾燥させてしまうと口臭をひどくさせてしまうため、歯磨きだけではなく、こまめな水分補給なども口臭予防に効果的とされています。

また、歯磨きのほかに唾液がたくさん出ていると、口臭や虫歯の予防になれます。

口の中は常に唾液で潤いを保たれることで、口の中を洗浄し口臭を予防します。しかし唾液は加齢と共に少しずつ減ってゆくもの。

中高年になると、唾液の分泌量の減少が原因で予防しきれなくなり、口臭がよりきつくなります。

そのため、唾液の分泌量が少ない中高年は特に、口の中に雑菌の元になるものは残さないように歯磨きをすることが大切です。

口臭予防にオススメの歯磨き粉と、口臭を予防するための歯磨きの仕方とは?

ここでは、口臭予防にオススメの歯磨き粉を3位までご紹介いたします。

是非とも使っていただきたいほど、優れものの歯磨き粉であり、。

3位は、お口の健康株式会社が販売しているマスティック&アロマという歯磨き粉です。古代ギリシャ時代に口臭予防に使用していたというマスティックを配合しています。

9種類のハーブの力で口臭を予防し、口内の悪玉菌を殺菌し、善玉菌が増えるよう促し口内の老化を防ぎます。

2位は、株式会社リベルタが販売しているという歯磨き粉デンティスです。口臭の原因となる硫黄化合物を取り除き口臭を予防してくれます。

キャッチコピーは「恋する歯磨き」なので、朝起きてすぐキスが出来るほど口臭予防効果が高いと言われているのです。

そして1位は、アメリカ製の歯磨き粉・セラブレストゥースジェルです。歯磨きだけでなく舌の汚れも落とし、口臭予防に効果が高いです。

セラブレストゥースジェルは1本2000円ほどする、非常に高価な歯磨き粉ですが1日中口の中がスッキリするとリピーターが続出している優れものなのです。

次に、口臭予防に効果的な歯磨きの仕方をご紹介いたします。

食事中や食後すぐは、唾液の分泌が盛んで自らきれいにする力を発揮しますので、すぐに歯磨きをするのは止めましょう。

食後に歯磨きをするときは、30分経ってから行うと効果的とされています。

歯磨き粉はたくさんつけても効果は変わりませんので、歯ブラシの半部くらいの量をつけて歯磨きを行いましょう。

歯を磨く順番は、前歯から一本一本磨き奥の歯へと進んで磨いてゆきます。歯ブラシは3週間に1回くらいのペースでこまめに交換しましょう。

舌の表面にも汚れが付着して舌苔になり口臭の原因になりますので、舌のケアも忘れずしましょう。

歯磨きの仕方にも方法がある。口臭予防で気を付けたいこととは?

  • 唾液で潤いを保ち口の中の雑菌を減らそう
  • 自分に合った歯磨き粉を選んで磨こう
  • 食後30分以降に歯を磨こう
  • 正しいブラッシングで口臭予防をしよう

歯磨き粉はいろいろな商品があり、使い心地など違いますので自分の好みの歯磨き粉を選んで歯を磨きましょう。口臭予防の効果が上がりますので、舌のケアも忘れずに行いましょう。