日本の平均睡眠時間

睡眠は人間が生きていく中で欠かせないもので、睡眠の質や量によって体調にいろいろな変化を起こします。睡眠時間は人それぞれですが一番、日本の平均睡眠時間は働き盛りの30代が最も少なく、10代前半の子ども・70代の高齢者が睡眠時間が多くなっています。

10代前半 約8時間
10代後半 約7時間
20~40代 約7時間
50~60代 約7時間
70代 約8時間

子どもは成長のため、高齢者は疲れをとるために長く寝る必要があります。働き盛りの30代・40代は、仕事や家事・育児など忙しさから睡眠時間が少なるようです。

睡眠と運動がよい睡眠がとれる?

睡眠は健康な身体を維持するために絶対に必要ですが、睡眠不足になると体調だけではなく、肌にも表れます。

昼間に紫外線を浴びたり、メイクでの肌の負担やストレスなど、影響を受けていますが睡眠をとることでダメージを修復してくれます。

では、ただ単に睡眠をとればいいということではなく、肌を再生するために一番効果的な時間があります。一般的に22時から深夜2時までの時間のことをゴールデンタイムと言いますが、22時に布団に入るというのは難しい方が多いと思います。

人間は眠りに入って3~4時間が成長ホルモンが分泌されやすいと言われていて、この時間にしっかりと熟睡することで成長ホルモンが分泌され肌が再生されるのです。

睡眠は、美容と同じ様に日中に活動して疲れた脳や、身体の細胞を休息するためですが、良い睡眠をとるためには、適度な運動も必要です。人はある程度、身体の疲労を伴わないと良い睡眠をとることが出来ません。

一番効果的なのは、就寝する2時間前までに運動をすることです。

朝の生活を送っている人は、夕方の6時頃が1日の中で一番体温が高い時間なので、その時間帯に運動をして体温を上げておくと、2時間後には体温が下がりスッと眠りについて熟睡できます。

睡眠と運動をして良い睡眠をとろう

  • ゴールデンタイムの22時~深夜2時の間に布団に入りましょう
  • 眠りに入る3~4時間はしっかり熟睡をしよう
  • 適度な運動をしましょう
  • 寝る2時間前に身体の体温を上げましょう

ゴールデンタイムの時間や効果的な運動時間を知ることにより、良い睡眠をとりましょう。