朝ごはんを食べないと健康的でいられるという情報は本当なの?

少し前に『朝ごはんを食べないほうが体にいい』という話がテレビや雑誌などで話題になりました。私たちは家族や学校から1日3食取らないといけないと習いましたから、朝ごはんを抜くと身体にいいという情報をにわかに信じがたいという方もいらっしゃるかもしれません。確かに朝ごはんを食べる時間を引いて考えると、忙しい朝に少し余裕が見えそうな気はします。朝ご飯を食べないというのはイコール朝ご飯を準備する時間や後片付けの時間だって余裕が生まれますし、手間暇だってかからなくなります。

けれど学生の頃、「朝ごはんを食べないと勉強に集中できなくなる」と言われたこともあり朝ごはんをはしっかり食べるようにしてきたという方もいらっしゃるかと思います。結局朝ごはんって食べた方が体にいいの?悪いの?と疑問に思うかもしれません。そこで今回はそんな疑問に終止符を付ける記事を書かせていただこうと思います。

朝ごはんを食べないでいることで得られるメリットとは

10人に1人は朝ごはんを食べないと言われておりますから、1日に2食しか食べていないという方も決して珍しくはないようです。特に仕事の都合上早く起きなくてはいけないという方は、朝ごはんを食べた後ですぐに動くとなると気分が悪くなるために朝ごはんを食べないという意見もありました。また、ダイエットのために朝ごはんを抜いてその代わりに野菜ジュースやスムージーで終わらせるという方も多いのだとか。
このように朝ごはんを食べない人が増えてきているようですが、調べると『朝ごはんは食事の中でも最も大切』だという意見さえあります。じゃあやっぱり朝ごはんって食べた方がいいのでしょうか?しかし調べてみると、朝ごはんにはこんな情報さえあります。

朝ごはんを食べた方がいいという情報は、なんと根拠がないようです。これは何故かというと、実は朝ごはんを食べる事に対してのメリットについては詳しい調査をされていないのだとか。よく朝ごはんを食べるとことでメタボリックシンドロームのリスクを抑え太りにくい身体を作ることができるという話がありますが、でもこれはよく考えると『太りにくくなるためにはカロリーを摂取しろ』と言っていることと同じですよね?それに実は朝ごはんを食べると太りにくくなるという情報に対し、検証や実証実験といったことはされていないようです。

さらによく朝ごはんを抜くとその後の昼ごはんで食べすぎてしまうことで、かえって太ってしまうという話もありますよね?確かに、朝ごはんを抜くと昼ごはんを多めに食べるようになりますが、だからと言って食べる量としても多めの昼ごはん程度の量にしかなりません。何が言いたいかというと朝ごはん+昼ごはん分のカロリー量まで到達しないということになるようです。だからこそ、朝ごはんを食べないと太ってしまうという話もそう簡単に信じられるものではないのだとか。体型が気になるという方は、朝食を抜いた方がいいのかもしれませんね?

朝ごはんを食べないでいると本当に調子がいいの?

ただし、朝ごはんを食べないと夕ごはんから昼ごはんまでの間の半日以上が断食状態となります。空腹の間はアミノ酸が不足してしまうために、筋肉のアミノ酸を分解するのだとか。これは必然的に筋肉が減っていく行為でもあり基礎代謝の低下にもつながるとも言われています。さらに朝ごはんを食べないと胃腸に負担をかけてしまうとも言われています。ではやっぱり朝ごはんって食べた方がいいの?と思ってしまいます。結局結論ってどうなるの?よくわからない!と思われるかもしれません。

まとめると、朝ごはんを食べないで調子がいい人は食べない。朝ごはんを食べないでいると調子が悪くなる人は食べるようにするというのが一番いいようです。人によって身体に個人差がありますよね?朝ごはんを食べない方が摂取カロリーは低くて済みますが、朝ごはんを食べないと気分が悪いという方は朝ごはんを食べた方がいいようです。ただし食べ過ぎるとカロリーの摂りすぎになってしまいますので食べすぎは避けてください。

朝ごはんは食べない方がいい?食べた方がいい?

  • 結局朝ごはんって食べた方が体にいいの?悪いの?と思われるかも知れませんが、結論は人によりけり。
  • 10人に1人は朝ごはんを食べないと言われておりますから、1日に2食しか食べていないという方も決して珍しくはない。
  • 朝ごはんを食べないと太ってしまうという話もそう簡単に信じられるものではないのだとか。
  • 朝ごはんを食べない方が摂取カロリーは低くて済みますが、朝ごはんを食べないと気分が悪いという方は朝ごはんを食べた方がいい。

いかがでしょうか?朝ごはんに関しては食べ過ぎない量もしくは食べない方が調子がいいという方は食べないという選択肢がいいようです。お腹がすくと集中力が下がりますから、朝ごはんにスムージーなどを摂るという方法もありますし、朝ごはんを食べないでいることによって疲れた胃腸を休ませるという方法も取ることができます。