美肌を作る食べ物やサプリを作っても美肌になれない…。その原因とは?

「美肌は食事から作られる」女性ならば誰もが知っている当たり前の事ですよね?偏ったものばかり食べてしまうと当然のように肌が荒れてしまいます。鏡を見て自分のお肌にがっかりするという方は、今日から自分の食事を見直す必要があるかもしれません。

美肌効果を出すためには、美肌になるための食事をする必要性があります。美肌になるための食事を摂ることでお肌に良い栄養を吸収し、内側から美肌を作っていきますよね?だからこそ、美肌になるためには栄養素をしっかりと吸収することができるよう、腸の中をきれいに掃除しなくてはいけません。

よく便秘=肌が荒れるという話がありますが、それは栄養を吸収するための腸が便が詰まって汚れた状態でいると上手に栄養が吸収できずに美肌効果をもたらすことができないから。腸に便が溜まってしまうと、悪魔だ菌が増えてしまい、栄養の吸収を妨げてしまいます。だからこそ、便秘の状態で美肌効果をもたらすサプリメントや食事を摂ったとしてもあまり意味がなかったりするのだとか。

だからこそ、お肌にいい食事を摂るよりも前に、まずは腸をきれいにする効果をもたらす食事を摂る必要性があります。便秘の間はどんなに体にいい食事を摂ったとしても無意味。まずは体の中にある、不要なものを出してから、身体によいものを取り入れる<>という順番を守らなくては美肌はおろか、健康的な体を作ることは出来ません。

身体によい食べ物の効果をちゃんと得るためには、まずは便秘解消から!

ただ、腸の中をきれいにする方法として、食事というやり方があります。腸の中をきれいにする働きを持つ食べ物として、腸の働きを活性化させたり便を柔らかくしてくれるりんごや、腸の調子を浴してくれたり便通を促す効果を持つ人参。食物繊維がたっぷりのごぼう、便秘薬レベルに便秘を解消するといわれるオクラ、便の量を増やし便を外に運びやすくしてくれるこんにゃく、独特のぬめりで腸内環境を整える海藻類が便秘に対して強い効果を発揮します。

今まで上げた食材は食物繊維が豊富ながらも、水分を吸収し便を柔らかくしてくれる水溶性食物繊維と、水分を吸収することで便の量を増やし、腸を刺激することでお通じをよくする不溶性食物繊維を豊富に含んでいます。ただ、1日に大量に食べれば便秘が解消されるという訳ではなく、1日に取る食物繊維の量が多いと逆に便秘になるという報告もあります。
食物繊維は1日に20gほどの摂取が必要と言われています。なーんだ、結構少なくていいのか!と思うかもしれませんが、食物繊維20gを摂るためには海藻類を200gほど取る必要性があるみたい。結構食べる必要性があるみたいです。

こうした食物繊維が豊富な食事を摂って腸内環境を整えてから、美肌を作ることができる食事やサプリメントを取ることで美肌を作ることができます。つまりまずは美肌を整える食事の前に、腸内を整える食事を摂る必要があるということ。どんなに体の内側から綺麗にする食事や病気の改善・予防の食事を摂ったとしても、腸内が汚れていれば食べても意味がありません。

食物繊維が豊富な食事を摂っても便秘が改善できなかった、何度も便秘を繰り返すという方は、美容クリニックで腸内洗浄を行うという方法もあります。

便秘と美肌の関係のまとめ

  • 「美肌は食事から作られる」は便秘を解消しなくては意味がない。
  • 便秘を解消することで美肌を作ったり体内をきれいにできる。
  • 海藻類やリンゴ、こんにゃくなどが腸内をきれいにし便秘を解消する。
  • 栄養の効果をちゃんと得るためには、まずは体内から綺麗に。