マーガリンが危険といわれる理由を原料と成分から解説!

少し前に話題になった内容の1つに『マーガリンは身体に悪い』というものがありました。バターよりも低価格でなおかつバターに劣らないおいしさを持つマーガリンが、まさかの身体に悪いという内容に様々なニュースやバライティー番組、雑誌に取り上げられたりしたようです。身体に悪いためにアメリカでは販売停止になっているという話まで出てきています。

ですが、そういう話題があるのにもかかわらず、普通にマーガリンが販売されていますよね?これって一体なぜなのでしょう?そもそもマーガリンって一体何が身体に悪いのかもよくわからない方も多いかもしれません。そこで今回は、気を付けたい食品であるマーガリンの成分や、身体に悪いといわれる原因について解説致します。

マーガリンとバターって見た目も用途とそう変わりがありませんが、マーガリンは原料が植物性アブラでありバターは動物性アブラとなっています。マーガリンはなたね油やコーン油、ひまわり油や大豆油などの上質な油脂を中心として作られているようです。植物油は常温では液体になってしまいますから、常温でも固形で入れるように化学処理を行う必要があるようです。そしてその際にトランス脂肪酸という人工化合物ができてしまうのですが、マーガリンが体に悪いといわれているのはこのトランス脂肪酸がどうやら原因のようです。このトランス脂肪酸は摂取をしすぎると高血圧や動脈硬化、動脈硬化による心疾患が起きる可能性があるようです。

加えてトランス脂肪酸は、ヒドロベルオキシと言う成分が含まれていて、このヒドロベルオキシがいろいろな病気を引き起こすと言われています。他の起きる可能背がある症状というと、自律神経の乱れ、ぜん息、アレルギー疾患などがあげられるようです。

上記の内容のためにトランス脂肪酸が人体に悪影響を与えるといわれている理由なのだとか。トランス脂肪酸は多くの食品に含まれていて、先進国では表示を義務化したり使用を禁止している国があります。日本はトランス脂肪酸の悪影響の認知度は低くあまり知られていません。また、体調を崩しやすい人、便秘で悩んでいる人もトランス脂肪酸の悪影響の可能性も含まれており、それでも摂取し続けるとガンになる可能性が高くなり、脳への影響も出てくるようです。

ただ、日本は食生活自体が欧米諸国とは大きく異なっており、1日の平均摂取量がとても低いようです。だからこそ、日本はほかの先進国とは異なりトランス脂肪酸に対して大きな注意を呼び掛けているわけでも、マーガリンを販売中止にしているわけでもないみたいです。ただし、トランス脂肪酸はお菓子や油にも含まれているもの。健康と 美容のために普段の食生活を見直すというのも1つの手なのかもしれません。

トランス脂肪酸を体外へ排出する方法とは?

身体に悪影響を与えるトランス脂肪酸ですが、トランス脂肪酸が含まれているものを摂らないのが一番良いですが、多くの食品に含まれていますので身体の中にあるトランス脂肪酸を排出したいという方もきっといらっしゃるかもしれません。では、一体どんな風にトランス脂肪酸を排出するのでしょうか?

体外排出するには、美肌しわ改善に大切なビタミン、ミネラルが大量に消費されるので、新鮮な野菜や果物を積極的に摂るといいようです。良質な不飽和脂肪酸を増やすために、魚やオリーブオイルなどの安全で加工されていない食品が、身体の健康を守ってくれるのだとか。血中の中性脂肪やコレステロールの量を調整する働きがあり、動脈硬化の進行を食い止め、心筋梗塞や脳梗塞と言った循環器系の疾患を予防する効果があります。

不飽和脂肪酸の摂り方は、オリーブオイルを使った野菜たっぷりの炒め物や魚のカルパッチョ、油をオリーブオイルに変えるレシピなど紹介されていますのでチャレンジする価値があるかもしれません。それにオリーブオイルはスキンケア効果もありますから、そういう意味でも食べていたいものの様です。
ただ揚げ物の油を使いまわすことで、油が高温になりトランス脂肪酸が増えてしまします。再利用する際は、1~2回までで高性能フィルターでろ過をして使用、何度も使わないことが安全といえそうです。

ただ、トランス脂肪酸の摂取量は、私たち人間が1日に消費するエネルギー量の1%未満ならば大丈夫だとWHO(世界保健機関)が公言しています。人の平均的なカロリー消費量は約1900kcalほどと言われていますから、トランス脂肪酸は1日に2g未満であれば大丈夫ということになるようです。
売っている製品にもよりますが、トースト1枚に塗るマーガリンの量が約10gほどであり、摂取することになるトランス脂肪酸は約0.1g未満のものも少なくないようです。そのため、トーストにマーガリンを塗ったとしても心配はいりません。

ただし、トランス脂肪酸はさくっとした食感を与えるためのショートニングにも含まれていたり揚げ油もショートニングとなるようです。その為、こういった商品を扱う際には成分表に『トランス脂肪酸含有量』というものを見て、大丈夫か否かを判断したり初めからトランス脂肪酸の量が少ないものを選ぶと安心かもしれませんね?

トランス脂肪酸を体外へ排出するには?

  • トランス脂肪酸を排出するときは、新鮮な野菜、果物を摂る
  • オリーブオイルを使ったレシピを作る
  • 揚げ物の油を使いまわさない
  • 加工されていない魚を選ぶ

便利と思って口にしていたものが食べ物で身体に危険を及ぼしているのが今の現状です。日本ではトランス脂肪酸の取り組みがあまりされていません。自分が知識を得て、行動していくといいのかもしれません。