いつまでもキレイでいたい

女性はいつまでも若く、老けないように心がける人は多いのではないでしょうか?
肌のケアをする意外にも、体内から改善するエイジングケアで変化が現れます。
二十歳を過ぎると老化が始まります。それを防ぐために毎日、努力を重ねても食べる物が適当だと老化は進みます。

世界でも注目されている健康食である日本食です。
我々、日本食を食する機会が減ってきています。そんな時代だからこそ、2人に1人の割合でガンになり、糖化や酸化・老化が進んでいくのです。

日頃のスキンケア、美肌のための食事、サプリメントなど、日々、努力をして肌をケアしていますが肌に悪いことを続けていては日頃のスキンケアは意味がありません。
エイジングケアに効果的な食べ物を摂りましょう。

日本食の良さとは?

肌は内臓の鏡と言われていて、バランスの悪い食生活を送っていると内臓が弱り血行が悪くなります。そうすると、その不調は肌に現れてきます。
あなたが思う以上に体内環境が肌に影響を与えるのは大きいのです。

日本食は玄米を中心に、大豆製品、海藻類などをバランスよく組み合わせて食べるため非常に優れています。

今から、健康に欠かせない低カロリーで栄養の高い食材をご紹介します。
エイジングケア食材として肌の健康にもオススメですよ。

豆類・ごま・お米(なるべく玄米)・海藻類・野菜・魚・きのこ類・いも類・発酵食品
の9品ですが優良食材です。
美肌のためにはバランスの良い食生活が大切です。

バランスの良い食生活を送ろう

・主食(炭水化物)
・主菜(肉・魚・卵・大豆食品)
・副菜(野菜・海藻類・きのこ類)
・乳製品・果物

毎日の食事を摂ることでエイジングケアも変わります。体内からと体外からの改善でエイジングケアの効果を上げましょう。