スーパーフードとは?

今、話題になっているスーパーフードですが健康や美容にいいと言われている食べ物です。

スーパーフードとは自然のサプリメントで「身体にいい食材」「栄養バランスのいい食材」「栄養価の高い食材」のことを言います。

代表的なスーパーフードの食材をいくつかあげますと、「きな粉」「ウコン」「サーモン」「納豆」「味噌」「緑茶」「そば」などです。

代表的なスーパーフードの効能

「きな粉」

きな粉は大豆を炒って粉末状にしたものです。
コレステロールを下げ心臓病・糖尿病・高血圧・がん予防効果・肥満防止(ダイエット)・便秘・むくみなどの美容効果があります。

「ウコン」

春ウコン・秋ウコン・紫ウコンの3種類がありますが一番身近に使われているのが秋ウコンです。

ウコンと言えば、二日酔いを抑えてくれる効果で有名です。

秋ウコンには、クルクミンと呼ばれる黄色の色素成分が、豊富に含まれていて、認知症・アルツハイマーの予防・美肌・紫外線対策などの効果があります

「サーモン」

サーモンはアスタキサンチン「若返りのビタミン」と言われるビタミンEの1.000倍もの抗酸化力があります。

活性酵素除去・集中力の効果・肌のハリ・たるみ・潤いなど美容効果があります。

「納豆」

納豆の原料は大豆です。納豆特有のネバネバは血液をサラサラにして心筋梗塞や脳梗塞などを防ぐ効果がります。

「味噌」

味噌は大豆が原料で発酵食品の代表格です。

エネルギーの源である、アミノ酸が豊富で大豆イソフラボンも含まれていて、骨粗鬆症予防・整腸効果・抗酸化作用・しみ・しわなど効果があります。

「緑茶」

緑茶と言えばカテキンですが、そのカテキンは緑茶の渋みのもとになる成分です。カテキンは善玉コレステロールを減らさず悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

また、免疫力を高めたり、歯の虫歯予防にも効果があります。

「そば」

そばの栄養素ルチンはポリフェノールの一種で血管を上手にしたり酸化防止さようがあります。

ルチンは脳の記憶細胞が死滅するのを防ぎ、ボケ防止と老化予防に効果があります。

スーパーフードの効能を知り上手く摂りましょう

  • 身近にある食材でOK!
  • 飲み物は緑茶を飲みましょう
  • 魚はサーモンを食べましょう
  • お味噌汁を飲みましょう

身近にある食材がスーパーフードだと言うことが分かりました。また、日本食が身体によい食材と言うことも分かりました。日頃の食事を考えて摂り入れていきたいものですね。