会社での飲み会・友人との外食・コンビニ食…。一人暮らしである社会人の方にとって、こういう食生活って多いように感じます。けれどこういった外食ばかりの食生活を続けてしまうと自分の美容と健康に大きな害を呼んでしまいます。特に歳をとればとるほど食べた分だけ太っていくという体型になりやすく、いつの間にか太ったお腹や垂れ下がったヒップ、プルプルと揺れる二の腕や荒れた食生活を続けたことによる肌荒れ薄毛といった老ける体へと近づき体型や美しさが大きく崩れてしまいます。また美容面だけではなく、健康面にも影響を及ぼしてしまいます。外食ばかりを続けると糖類や塩分、脂肪分の摂りすぎになってしまいますし、カロリー摂取量が多すぎたり、アルコールの摂りすぎとなってしまいますよね?

だからこそ、外食とは賢く付き合う必要性があるようです!そこで今回は美容と健康を守るために外食との付き合い方を調べました!

ダイエット中のお酒の付き合い方とは?

飲み会の時、とりあえず好きなお酒をあれこれ飲んでいるかもしれませんが、実はお酒の種類には注意が必要なようです。おによっては糖質をがっつり摂取してしまったりカロリーを摂りすぎてしまうのだとか。たとえば甘いカクテルはジュースにシロップといったものがたっぷり使用されていますし、日本酒や梅酒、ビールはカロリーが高いお酒として有名ですよね?そのため太らないように糖類がゼロであるウイスキーやウォッカなどの蒸留酒や糖類が少ない赤ワインを選ぶといいかもしれません。乾杯の1杯がビールで決まっているという場合は、まず1杯目はビールにしてそれ以外はウイスキーにするといった工夫が必要なようです。

また、お酒は実は飲めば飲むほど脱水するという効果を持っています。そのため定期的に水やお湯を飲むように心がけた方がいいようです。また、お酒を飲むと体が冷えるという体質の方の場合は特にそうですが水割りなどは身体を冷やしてしまいますのでお湯割りを飲むようにするといいようです。

また、飲み会の際にはいろんな食事が並びますよね?そういった中でもカロリーが高い揚げ物やお好み焼きなどの炭水化物系は避けた方がいいようです。そこで食べるものとして豆腐や枝豆、刺身やサラダなどの低カロリーなものは食べてもいいようです。特に低カロリーで高タンパク質な食べ物はダイエットにもいいためそういうものを選ぶといいのかもしれません。

ダイエット中の飲み会でのカロリーリセット方法

外食や飲み会ってお付き合いの席が多いため、どうしても断れないという場面が出て来るかもしれません。そういう時は飲み会の前日や次の日は自炊で済ませるという方法が必要なようです。ただ自炊で済ませるのではなく、例えば夜の飲み会で食べたのだから次の日の朝は食べない。夜の飲み会でたくさん食べそうならその日の昼食は少な目で済ませるといった工夫が必要なのだとか。
自炊を行えば味を薄く作ることもカロリーを抑え込むこともできますし、自分が食べる量の分だけ作ればいいものでもありますよね?さらに自炊は食費の節約にもなりますからいいことづくめです。

外食や飲み会を思いっきり楽しむためにも、ある程度気を使い後日自分の身体のために食べるものにきをつけることはたいせつなことなのですね?また、太る人でよくあるのが『お腹は空いてないけど食べる時間になったから食べよう』というもの。
朝食・昼食・夕食を食べる時間を決めてしまうというのは実は太る原因にもなってしまいます!これはこういった習慣を作ってしまうことで仮に間食をしてお腹が空いていなくてもなんとなく『食べなくては』という気持ちになり、健康的な食べ物を食べても結局はカロリーの摂りすぎで太ってしまうからの様です。

太らない人は、お腹が空いていないなら食べません。この自炊をするというのも、飲み合い明けの朝食を必ず自炊して食べろという訳ではなく、昼食はお弁当にしたり夜に自炊をするという方法をとるという意味合いの様です。

自炊をするなら野菜の食べ方に気を付けて!

自炊をする際に大切なこととして、野菜の調理の仕方に気を付けた方がいいようです。いろんな健康の話では野菜を食べろという話がありますよね?でも野菜を食べれば大丈夫という訳ではないみたい。実は野菜の栄養素というのは水分に逃げやすいもの。野菜を湯がいてしまうと湯がき汁に野菜の栄養素が溶け出してしまい、口に入る野菜は結構栄養が逃げてしまっているものになるようです。これって勿体ないですよね?

そのため、野菜をおいしく食べるには生のままサラダにしたり、スープにして食べるのがいいようです。特にビタミンCは水に溶けやすいため、ビタミンCが豊富な野菜であるパプリカやブロッコリーは、湯がくのではなくスープとして食べるといいようです。

ダイエット中の飲み会と外食との付き合い方

  • 水割りなどは身体を冷やしてしまいますのでお湯割りを飲むようにするといい
  • お酒は糖質の高いビールよりも、ウイスキーやウォッカなどの蒸留酒や糖類が少ない赤ワインを選ぶといい。
  • 自炊をすればダイエットにも効果的。お腹が空いていないなら無理して食べない。
  • 野菜の栄養素は水に溶けやすい。野菜を食べるならサラダにして食べるかスープにする。