冬の肌トラブル・ひび割れやあかぎれとは?

水仕事が多いという方が手に抱えている問題というと「ひび・あかぎれ」があります。冬の季節に特にみられるもので、指先などが赤くパックリひび割れてしまい、気が付いたら血がダラダラ出ていたという方も少なくないでしょう。赤くひび割れてしまったという患部は見ただけでもとても痛々しいもので、冬にこの症状に悩んでいる方が多いのだとか。そこで今回は、冬によくみられる代表的な乾燥肌であるひび割れやあかぎれの原因や、治療や早く治す方法ついて解説いたします。

引用:ニキビ治療について(口コミモール)

ひび割れやあかぎれの原因について

あかぎれやひび割れは、主婦の7割以上が経験したことがあるとも言われているのだとか。あかぎれやひびわれだらけになると絆創膏が指にどんどん増えてきて、見ただけでもその痛々しさがよくわかるもの。仕事で水に触れるという方は、水を頻繁に使いすぎてハンドクリームを洗い流してしまい効果がないのだとか。中には手袋をつけているという方もいるようですが、いつまでもつけているわけにはいかず、あまり役に立たないという場合もあるようです。

あかぎれやひび割れの原因は、寒さと空気の乾燥に加えて、指の水分や油分が不足してしまうという原因も加わってしまうことによって起きるとされているようです。イメージで言うと、雨の降らない大地がだんだんとひび割れてくるという光景がありますが、そんな感じと一緒なのだとか。
この状況がさらに悪化してしまうと、皮膚の表面にある角質層だけではなくさらに奥にある真皮層にも亀裂が入ってしまい、ひび割れやあかぎれが起きてしまうようです。ひび割れやあかぎれが起きてしまうと常に痛みが伴う上に水仕事が難しくなってしまうようです。

あかぎれやひび割れが冬に多い原因として、冬の間は空気が乾燥する上に汗をかく機会が減ることで、皮膚を守る皮膚宗が作られにくくなってしまうのだとか。さらに寒くなると人は冷え性になってしまいます。冷え性はつまり血行が悪い状態であり、身体中に十分な栄養が行き渡りにくくなってし待っている状態なのだとか。そのために、傷ついて亀裂が走ったとしても、治りにくいという状況下ができてしまうのだとか。

加えて、美容師や栄養士などの仕事上よく水に触れるという方は、水やシャンプーなどによって皮脂や角質がどんどん落ちてしまって、肌のバリア機能が下がってしまうのだとか。

この気温と乾燥、水のトリプルパンチによって、冬の間はとくにあかぎれやひび割れを引き起こしやすいと言われているようです。

ひび割れやあかぎれを早く治すための治療法

では、ひび割れやあかぎれを早く治すにはどうしたらいいのでしょう?

まず、ひび割れやあかぎれの一番の原因は乾燥であるため、皮膚から水分がどんどん失われてしまわないようにハンドクリームをとにかく使いまくることが大切なのだとか。
ただハンドクリームを塗ればいいという訳ではないのだとか。あかぎれやひび割れに悩まされている方に多いのが、水で手を濡らしたら塗り直すのが面倒でそのままにしているという方。これでは乾燥を食い止めることは、できないとも言われているようです。
そうではなく、お風呂上りや水仕事後、些細なことでも手を洗ったら必ずハンドクリームを使って塗り直さないと乾燥するばかりとされているようです。

また、手はよく仕事で使う部位であるため、可能な限り清潔なゴム手袋をはめたりすることで、なるべく水に触れないようにすることが大切なようです。
ただ、ひび割れた幹部にゴム成分が入りこんでしまうと逆に症状が悪化してしまうようですから、素手のまま着用するのではなく、先に木綿の手袋をつけてからその上からゴム手袋をつけるといいのかもしれません。

さらに、今やキズパワーパットなどのモイストヒーリングと呼ばれる専用の絆創膏で傷を密閉するという方法。傷をしっかり覆ってうるおいを保ちながら治すことができるとされているようです。「痛みが少ない」「傷が早く治る」「綺麗に治る」という3つのメリットがありますから、こういった治療法も積極的に利用するといいかもしれません。

ひびわれやあかぎれについて

  • あかぎれやひび割れの原因は、寒さと空気の乾燥に加えて、指の水分や油分が不足してしまうという原因も加わってしまう。
  • ひび割れやあかぎれの一番の原因は乾燥であるため、皮膚から水分がどんどん失われてしまわないようにハンドクリームをとにかく使いまくる。
  • お風呂上りや水仕事後、些細なことでも手を洗ったら必ずハンドクリームを使って塗り直さないと乾燥する。
  • キズパワーパットなどのモイストヒーリングと呼ばれる専用の絆創膏で傷を密閉する。

ひび割れやあかぎれがとにかく引かないという方は、水に触れたらすぐにハンドクリームを使うようにしてみましょう。また、木綿の手袋などを利用する上からゴム手袋を利用するといいかもしれません。