rシミ取りレーザー治療は受けて終わり!ではありません。

濃いシミを取るために、レーザー治療を受けたは良いけど、患部が1カ月ほどたったらだんだん黒ずんできた!?もしかして、シミ!?いいえそれは治療の刺激による色素沈着なのだとか。じゃあシミではないのね!と思ってしまうかもしれませんが、そもそもシミは色素沈着から引き起こされますから、放っておくとシミと治療後のケアのいたちごっこ状態になるかもしれません。これを避けるためには、レーザー治療後にしっかりとケアをすることが大切なようです。でも、なぜレーザー治療後のケアが大切なのでしょうか?
そこで今回は、レーザー治療後のスキンケア方法について調べてみました!

引用:シミ取り・肝斑治療について(口コミモール)

濃いシミを何とかしたい!そう思って美容皮膚科でレーザー治療を受けると、だんだんシミがペロンとはがれて面白いくらいに感じるかもしれません。ですが、実はレーザー治療後の肌というのは、やけどを負ったような状態になってしまうようです。スキンケアを怠るというのは火傷状態の肌を放置することと同義ですから、ちょっとぞっとしますよね?そうならないためにも、レーザー治療後はスキンケアが本当に大切と言われているようです。

どうなるかというと、レーザー治療によるシミ治療を受けると、その施術によって色素沈着がおきて一時的にシミが濃くなります。施術のイミなしでは!?と思いそうになりますがそうではなく、これはただ単に治療の上で仕方のないことなのだとか。ただこれをシミが濃くなったと勘違いして別の皮膚科で施術を受けようとしてしまい、結果肌トラブルがひどいことになってしまうということになるようです。

これではレーザーの意味がありませんよね?

治療後神経質になる気持ちはわかりますが、これはレーザー治療の性質上仕方のないことだと受け入れざるを得ないのだとか。だんだんとシミが薄くなってゆきますが、患部をどのようにスキンケアをしていけばいいのでしょう?

レーザー治療によるシミ取り後のスキンケア方法で気を付けるべき点

まず、患部のスキンケア方法として決められた期間は絆創膏やガーゼを貼ること、これが大切なのだとか。大抵1週間ほどとなるようですがこれは洗顔やメイクの間は貼ることが大切なようです。絶対にこすらないことが大切で、無理やりペロンと剥がしてしまわないように気を使う必要性があるようです。
じつはカサブタ状態になっていますから、カサブタを強引に剥がせば傷跡として残ってしまいます。これがお顔と同じようになってしまうと考えると「やめよう」と思ってくださるかもしれません。
絆創膏を張って、絶対に自分では剥がさないこと。自然とはがれてポロポロ取れるのを待ってください。絶対にいじらないようにして皮膚を守る必要性があるようです。

また、レーザー治療を受けた後は日焼けをしないこと。マスクや日焼け止めクリーム、日傘といったものを併用してレーザーを受けた箇所を紫外線から守ることが大切なのだとか。シミ取りレーザー治療を受けた後は、その箇所は弱っている部分となりますからシミになりやすいようです。
不安だという方は、ビタミンCなどのサプリメントの併用もいいかもしれません。

さらに、薬に頼りたくないという方がいて処方された薬を捨てる方もいると聞いたことがありますが、これもNGなのだとか。処方された薬はきちんと使用し飲みきったり使い切ったりすることでお肌を守ることができます。渡される薬には肌の再生能力を助けてくれたり美白効果を発揮してくれるものもあるのだとか。是非とも捨てず、利用することを心がけて下さい。

レーザー治療のスキンケアで気を付ける事

  • 濃いシミを取るために、レーザー治療を受けたは良いけど、患部が1カ月ほどたったらだんだん黒ずんできた!?もしかして、シミ!?いいえそれは治療の刺激による色素沈着なのだとか。
  • 濃いシミを何とかしたい!そう思って美容皮膚科でレーザー治療を受けると、だんだんシミがペロンとはがれて面白いくらいに感じるかもしれません。
  • 患部のスキンケア方法として決められた期間は絆創膏やガーゼを貼ること、これが大切なのだとか。大抵1週間ほどとなるようですがこれは洗顔やメイクの間は貼ることが大切なようです。
  • レーザー治療を受けた後は日焼けをしないこと。マスクや日焼け止めクリーム、日傘といったものを併用してレーザーを受けた箇所を紫外線から守ることが大切なのだとか。

いかがでしょうか?レーザー治療を受けたからもう大丈夫!ではなく、その後のスキンケアが大切なのだと分かっていただけると思います。レーザー治療の意味を発揮するためにも、スキンケアは大切。医師の指示に従ってスキンケアを行うことでシミのないキレイな肌を手に入れたいですよね?