化粧品や食品にある「オーガニック」ってどういう意味?

最近、美肌のことについて考えるとよく耳にするようになったのが「オーガニック」という言葉。化粧品や食品でも”オーガニック”という言葉がついて売られているものがどんどん増えてきています。その為『オーガニックってよくわからないけど美肌にいいって聞いたからオーガニック系はチェックをしている!』という方も少なくありません。少し高いくらいなら普通の商品よりもオーガニック商品を手に取る方も多いのではないでしょうか?
では、オーガニックって一体何なのでしょう?オーガニックはいったい何がそんなにも魅力的なのか・オーガニックと呼ばれるものは何なのかをまとめました!

オーガニックとは「有機」という意味を持ちます。簡単に説明をすると農薬や化学肥料を使わずに、作物や家畜を育てそれを使った加工食品のこと。加えて、作物に科学肥料を使わないのではなくその作物を育てるために使用する土も2,3年は科学肥料を使っていないものか(家畜のオーガニックの場合はエサも有機ものであるのか)、遺伝子組み換えの種は使用していないのかといった様々な基準があり、これをクリアしたものをオーガニックと言います。
つまりオーガニックというのは『化学製品をなるべく使用せずに、自然を大切にしながらも健康的かつ美しくなることができるという考え方を持った化粧品や食品など』ということになるようです。

日本では、農林水産省からオーガニックの認定を受けた農産物や畜産物・加工食品には“有機JASマーク”というものが付けられ、これがつけられたものはいわゆるオーガニック商品の証とされてるため、自然派の食べ物を食べたい!という方にとっては有機JASマークを参考にするといいかもしれません。
しかし、この有機JASマークが付くのは農産物や畜産物・加工食品。つまり食べ物限定オーガニックマークということになるようです。口に入るものには厳しい日本人だからこそ、こういったマークが作られたと考えると納得がいきます。

オーガニック化粧品とは?無添加・自然派・天然由来との違い

食べ物に加え、化粧品でもよくオーガニックの言葉を耳にします。食べ物に厳しい基準があると分かりましたが、オーガニックの化粧品はどうなのでしょうか?

オーガニック化粧品というと肥料や農薬を使用していない有機素材から作られた化粧品。余計なものを入れていないからこそ、お肌の刺激は少ないながらもしっかりスキンケアをすることができるというのが特徴となります。
化学物質が入っていると肌荒れを引き起こすという敏感肌の方や乾燥肌の方も決して少なくないため、特にお肌が弱いという悩みを抱えている方にオーガニック化粧品は愛され支持をされています。オーガニック化粧品は洗顔料やクレンジング剤、化粧水や乳液、美容液や保湿クリームなどのスキンケアアイテムに加えて化粧下地やパウダーなどもあります。

オーガニックとよく似た意味合いをもつ化粧品として『無添加・自然派・天然由来』という言葉がありますよね?これってオーガニックと全く同じなんじゃないの?と思われるかもしれませんが、これは間違いです。無添加や自然派・天然由来と言っても必ずお肌に優しいという訳ではなく、あくまでなるべく化学合成成分を控えた化粧品にしか過ぎないものでもあります。

例えば、無添加化粧品は人工の添加物がほとんど使われておらず、有機素材の成分が入っている化粧品のことで、自然派・天然由来化粧品は天然の素材を加工したものを使用しているということになります。
無添加化粧品・自然派・天然由来と言っても全く化学合成成分が含まれていないという訳ではありませんから、そこがオーガニックとの違いになるかと思われます。

オーガニック化粧品で気を付けたいこととは?

ですが、オーガニック化粧品で気を付けてほしい点として、オーガニック化粧品のすべてがお肌にいいという訳ではないということ。人によってお肌のタイプやアレルギーの有無がありますから、これは仕方がないことといえそうです。
例えば、最近大豆イソフラボン配合の化粧品が人気を集めています。保湿に美白、抗酸化作用や大人ニキビの改善。アンチエイジングに皮脂の出すぎを抑えたり、体毛が濃くなるのを抑える効果を持つといわれており、非常に優秀で効果がある化粧品でありますから、イソフラボン配合の化粧品を探して使っているという方も多いようです。

ただ、この大豆イソフラボンの化粧品を大豆アレルギーの方が使用したらどうなるでしょうか?当然お肌トラブルを招いてしまいます。スキンケアどころの話ではなくなってしまいます。また、自分の肌質に合わないものを使い続けたら逆にニキビがどんどん出てきてしまったという話もあります。
こんな風に、オーガニック化粧品だから大丈夫!と何もかも鵜呑みにするのではなく、まず自分の体質や肌質を考えてからオーガニック化粧品を選ぶことをおすすめいたします。何かしらのアレルギーを持っている方ならば、美容皮膚科でカウンセリングを受けてドクターズコスメを選ぶ方が一番安心かもしれません。
医師に相談し、自分の体質や肌質から一体どんな化粧品が良いのかを相談することで、安全に美肌を手に入れることができるようになるかと思われます。

オーガニック化粧品や食品について

  • オーガニック化粧品などのオーガニックの意味は有機。
  • オーガニックと呼ばれるためには様々な厳しい審査をクリアする必要がある。
  • オーガニックと無添加・自然派・天然由来はまた違う。
  • オーガニック化粧品のすべてが健康で安全という訳ではない。


オーガニックだから絶対に大丈夫!ではなく使用される方の肌質や体質も大きく関係いたします。分からないことがあったら、医師にカウンセリングをしてどんな化粧品が良いのかを損ダウすることで、安心して化粧品を選べるという方法もありますよ?