日焼けの波長とは何?日焼けしない対策とは?

日焼けは、太陽から出る光線に含まれる紫外線の影響を受けるからです。
紫外線には、A波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)の3つがあります。
日焼け後に肌が赤くなるのはB波です。
A波は、肌の奥まで浸透し、表皮の下層になるメラノサイトに届き、活性酵素を生成してメラニン色素を作ります。
C波は、B波より有害な紫外線です。

日差しが強い日に長時間外で遊ぶときは、帽子や長袖、裾の長いズボン、スカートを着用したり、日焼け止めを塗ったり対策をすると思いますが食べ物で日差しに強い身体を作ることが出来るのです。
トマト、スイカ、グレープフルーツ、緑の濃い葉物野菜、鮭、サバ、ダークチョコレート、アーモンドなどこの食材は日焼け対策になる栄養素が含まれています。

日焼け後のポイントとは、いったい何でしょう

日焼けの後の赤みを抑えるには、まずよく冷やすことがポイントです。
赤くなるということは、表皮が炎症を起こしている状態ですので冷やしてあげましょう。
目安は、肌がヒンヤリして触っても熱を感じなくなるくらいです。

日焼け後、すぐに冷やした後は、次に保湿ケアが大切になります。紫外線をたくさん浴びてしまった肌は極端に水分不足になっていますので保湿けあが必要になります。
化粧水は安いものでいいのでたっぷり肌に含ませましょう。市販のパックもオススメです。
また、冷蔵庫で冷やしておいて、貼るとひんやりして気持ちがいいです。

日焼け後はすぐに美白効果のある、美容液やクリームを使用しがちですが、しっかり保湿をしてからにしましょう。

外で遊ぶ際の注意点と日焼け後の処置とは?また、日焼けしにくい食べ物とは?

  • 日差しが強い外出時は、帽子、長袖、日焼け止めなどを使用する
  • トマト、スイカ、緑の濃い葉物野菜、サバなどで日差しに強い身体作り
  • 日焼け後は触っても熱を感じなくなるくらいまで冷やそう
  • よく冷やした後は、たっぷり肌に化粧水を含ませ保湿ケアをしよう

出かけた後、日焼けしてしまった!と後悔する前に、外出時にしっかり紫外線対策をしましょう。正しい知識を知りケアをしましょう。