ほうれい線がなぜできるのでしょう?

ほうれい線とは鼻から口元に向かって伸びる2本の線でシワ(しわ)のことです。
ほうれい線ができた原因によって、適したお手入れをすれば薄くなります。
ほうれい線ができる原因は加齢だけではありません。
顔の筋肉が固まって弾力がなくなっていったり、顔の皮膚を引っ張る背筋が弱く、コラーゲンが含まれる肉や魚をあまり食べないなども原因の一つです。
姿勢に気を付けたり、表情を豊かに過ごし、食事の改善などほうれい線が出来にくくなります。
また、睡眠不足、ストレス、過度のダイエットなども原因の要素になります。
規則正しい生活と栄養バランスの摂れた食事、十分な睡眠でほうれい線を予防しましょう。

ほうれい線には2種類があり浅いタイプと深いタイプです。2つのタイプに効果的な成分を選びましょう。

ほうれい線のお手入れ方法とは?何でしょう?

化粧水でほうれい線を消す方法は、浅いタイプのほうれい線は、肌の表面の乾燥とむくみにより一時的に表れるシワ(しわ)なので、保湿成分で肌に潤いを与えて、むくみケアで老廃物を排出するケアが必要です。
深いタイプは、肌の老化により起こるシワ(しわ)なので、ハリや弾力を与えるコラーゲン、セラミド、プラセンタなどの入った成分を使用しケアしましょう。

メイクでほうれい線を消す

メイクでほうれい線を消す方法は、
シリコン製の下地で肌の凸凹を目立たなく滑らかにしてくれほうれい線も目立たなくする下地をつける。
ワントーン明るいコンシーラーで少量、肌に乗せ薬指で叩くよう、ほうれい線が影にならないよう肌になじませます。
ファンデーションはほうれい線の部分を塗りトントン叩いて塗る。

美顔器を使用する方法

毎日のお手入れにプラス美顔器を使用する方法は、
美顔器といっても商品と値段は様々ですが、高価なものほど効果的と考えの方がたくさんいらっしゃると思いますが、ほうれい線に効果的な美顔器を教えましょう。
イオンと超音波で美容成分をしっかり浸透をしてくれる美顔器と、表情筋を鍛えるタッピングタイプもあり、鍛えるのが難しい深層表情筋を鍛えてくれます。
効果が期待できる光レーザー式は、ほうれい線だけではなく、肌の赤み、ニキビ(にきび)跡、シミ(しみ)も消してくれます。

一体、どの方法でほうれい線が薄くなるのでしょうか?

  • 日頃の生活習慣を見直す
  • ほうれい線のタイプによって化粧水を選んでお手入れをしよう
  • ワントーン明るいコンシーラーを使用
  • 毎日のお手入れプラス美顔器を使用

年齢を重ねるごとに、はり(ハリ)、たるみが目立つなど肌の悩みは尽きません。
毎日の地道な努力が美肌につながりますので、あきらめずトライしましょう。