シミ(しみ)ができる原因とは?何が原因?

シミ(しみ)ができる原因は主に紫外線ですが、紫外線以外にシミ(しみ)の原因はあり種類もたくさんあります。
肌は紫外線を浴びた肌にダメージを与えないようにする、メラニン色素を作り出す機能があります。
メラニンは、紫外線から肌を守った後、だいたい28日周期(ターンオーバー)に剥がれ落ちます。
ケラチノサイトという細胞が異常を起こすと、メラニンがたくさん作られ、ターンオーバーのときに剥がれ落ちず肌に残ってしまいます。これが、シミ(しみ)の原因になります。
また、加齢、ストレス、紫外線、自律神経の乱れなどターンオーバーが乱れていき、年を重ねた肌は、老廃物がたまりシミ(しみ)ができやすくなります。
化粧を落とさずに寝てしまった!洗顔料は汚れがよく落ちる強いものを使いゴシゴシ洗うなど肌にストレスや刺激を与えたりするのもしみの原因になります。

こんなにシミ(しみ)の種類が、、、?意外な事実

シミ(しみ)にも種類がありますのでご紹介いたします。

老人性色素斑は、紫外線が原因でできるシミ(しみ)です。
肝斑は、40代までの女性によく出ますが、閉経後消えてくるシミ(しみ)です。
雀卵斑は、遺伝が多く子供のころから出て、年齢とともに増えて濃くなることもあります。
脂漏性角化症は、イボ(いぼ)のように盛り上がっているのが特徴で、そのイボ(イボ)はシミ(しみ)が固まったものです。
他にも、炎症性色素沈着や花弁状色素沈着などがあります。

以外に知らない、シミ(しみ)の原因と種類はいろいろ?

・シミ(しみ)の主な原因は紫外線が原因
・ターンオーバーの乱れがシミ(しみ)の原因の一つ
・肌にストレスや刺激を与えるのもシミ(しみ)の原因の一つ
・シミ(しみ)の種類はたくさん

シミ(しみ)は種類も多く、原因も人それぞれですので病院で診察をしてもらい自分自身のシミ(しみ)の種類を知ることが大事です。