肌のくすみの原因3選と対策法について

肌に透明度が無くなった状態を、いわゆる「肌のくすみ」と呼びます。歳を重ねるごとに肌の透明感がなくなってゆき、老けて見られたり、疲れて見えたり、顔色が悪い印象を持たれてしまいます。ただ、肌のくすみと一言でいってもその原因は様々。また種類やタイプもいろんなパターンがあるようで、場合によってはくすみの原因が幾つも積み重なってしまい、なかなか解消することができないようです。特にくすみのタイプで多いとされる「血行が悪くなることによるくすみ」と「乾燥によるくすみ」「角質のくすみ」の対策法について調べました。

引用:肌質とファンデーション(chowder)

肌のくすみの原因とは?

くすみとは先ほども記述した通り、簡単に説明をすると肌から透明度や潤いが無くなってしまい、それによって肌がワントーン暗く見える症状の事。肌が黄色っぽくなったり、肌が乾燥したり、血行が悪くなることによって引き起こされるとされています。肌が本来持っていた透明度や肌のうるおい、肌のきめ細かさや、明るさといったものがどんどん落ちてしまうことで、肌のくすみが消えていってしまうようです。顔全体が暗くなってしまうのですが、他の肌トラブルに加えて自覚しずらいとされています。

肌のくすみで問題がある点として、

  • ファンデーションの色むらが出てしまう
  • メイクをしたのに顔色が悪かったり、暗く見える。
  • 肌にツヤやハリがない

といったものがあげられるのだとか。心当たりがあるのなら、お肌にくすみができているのかもしれません。なんとなく肌のトーンが暗いとおもったら、肌のくすみが現れ始めているのかもしれません。くすみの中で、多いものとして「血行が悪くなることによるくすみ」と「乾燥によるくすみ」「角質によるくすみ」との3つに分けられます。

血行が悪くなる場合のくすみには、日常的に感じるストレスや睡眠不足などの生活習慣の乱れによって、血行不良が引き起こされて顔色が悪く、暗くなってしまうようです。乾燥によるくすみの主な原因は、単純に肌の保湿が足りていない状態。お風呂から上がっても化粧水や美容液、乳液を付けないとなると、肌のツヤがどんどん失われてしまい、その結果肌がくすんだように見えるとされています。また、角質によるくすみの場合、ターンオーバーが早く進んだり遅くなったりなどのターンオーバーの乱れによって、角質がどんどん溜まってしまうことをさすようです。そうなると、肌のくすみ以外にも、毛穴が詰まってニキビができやすくなったりしてしまいます。

肌のくすみの3つの原因に合った対策法

では、どんなふうにくすみを解消していくといいのでしょうか?それぞれのタイプから見てゆきます。

まず、血行不良が原因によるくすみの場合は、冷え性や乱れた生活習慣が原因とされていますから、それらを解消するために生活習慣の改善や冷え性の改善が必要となります。血行不良やリンパの流れが悪くなってしまうと、お肌に充分な栄養が行き届かなくなり、それによって老廃物を上手く排出することができなくなってしまいます。血行不良やリンパの流れの悪化というのは、様々な肌トラブルを呼んでしまいます。
また、それに加えて目の下に青いクマができている場合はより血行不良によるくすみが原因だと考えられるかもしれません。青クマもまた、血行不良が原因で起きるとされています。

乾燥によるくすみの場合は、エイジングケアが間違っていたり十分ではない可能性も考えられるようです。お肌が充分に潤っているのならば、透明度が高い健康かつつややかなお肌を手にできるのですが、冬場や夏の紫外線で乾燥肌になってしまうと、肌のキメが無くなってしまいます。それによって肌がkす膿んでしまうようです。

また、肌がカサカサしていて乾燥している方だという方は、この乾燥肌の傾向が充分考えられるようです。

ターンオーバーの乱れによる肌のくすみの場合は、乾燥肌や生活習慣の乱れによって古い角質が積もってはがれにくくなる角質肥厚の状態となってしまいます。そうなると、肌がごわついて灰色っぽくなってしまうようです。ターンオーバーが乱れてしまうといろんな肌トラブルを呼んでしまうとされています。

肌のくすみの原因と対策法についてのまとめ

  • 肌のくすみは歳を重ねるごとに肌の透明感がなくなってゆき、老けて見られたり、疲れて見えたり、顔色が悪い印象を持たれてしまいます。
  • 血行が悪くなる場合のくすみには、日常的に感じるストレスや睡眠不足などの生活習慣の乱れによって、血行不良が引き起こされてしまうことが原因。
  • 乾燥によるくすみの場合は、エイジングケアが間違っていたり十分ではない可能性も考えられるようです。
  • ターンオーバーが乱れてしまうといろんな肌トラブルを呼んでしまう