ボトックス注射で受ける施術の効果やメリットとは?

様々な美容施術で取り入れられ、手軽に受けられるプチ整形でありながらも効果的な施術として有名なのがボトックス注射です。どんな施術が知らないけれど、名前は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

ボトックス注射とは、小顔効果に加えておでこのしわ(シワ)や目尻のしわ(シワ)改善の効果・ふくらはぎの痩身効果など、いろいろなパーツに注入することで様々な美容効果を発揮するプチ整形です。これはボトックス注射で筋肉のバランスをコントロールすることで、様々な美容施術に利用することができます。

プチ整形でよく名前を聞くボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出されるタンパク質の一種であり、筋肉をリラックスさせる働きを持っています。この効果を利用して、しわ(シワ)を取りアンチエイジング効果や、肌にハリを出す美肌効果もあります。ボトックス注射は自然にある物質で、人体に注入しても害はありません。

顔に注射針を刺しますが、針の後は目立つことはほどんどなく傷跡も目立ちません。ただ、ボトックスを適量以上に顔に注入すると、表情筋に影響を及ぼし、不自然な表情になる可能性もあります。

実はワキガ施術も効果的!この施術を受けるメリットと気になる副作用とは?

しわ(シワ)・たるみを取るアンチエイジング効果や痩身効果以外にボトックス注射の効果を発揮する部位では、ガミースマイル、多汗症なども改善できます。それに加えわきの汗を抑えワキガを抑制する効果もあり、夏場になるとワキガ改善にボトックス注射を受ける方もいます。効果がすぐに表れるだけではなく、注射だけのプチ整形のため施術を受けた当日からメイクやシャワーなど、普段通りの生活を送れます。ダウンタイムもほぼないために身体への負担も少なく済みます。

しかしボトックスには副作用もあります。そもそもボトックス自体は毒性の強いものです。ボトックス注射とは、人体に注入できるよう毒素を安定させて人体に無害にしているものです。とは言ってもやはり副作用が気になるはず…。では、一体どんな副作用があるのでしょうか?

まず、一度施術を行うと効果は3ヵ月から半年間ほど。しっかりと効果を発揮しますが半永久的に続くというものではありません。だからと言って、効果を過信しすぎて一回の量を多く入れてしまうと効果が大きく現れ過ぎてしまうこともあります。また、注射を受けた後は風邪薬などの服用は問題ありませんが、妊娠中の赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があるため妊婦には注射をすることは出来ません。

どんな施術にも副作用は必ずと言っていいほどついてくるものですが、自分は受けて大丈夫なのか・どんな副作用があるのか・どんな事に気を付けるべきかなどは、きちんと話を聞きに行った方が的確です。話を聞いたうえで小顔効果や美肌効果など、自分が手に入れたい効果を手に入れるために施術を受けた方がいいのかもしれません。注射をする際に一定の量を守れば、副作用については心配しすぎることはありません。

しかし、1つ言える事は中国製や韓国製の安いものは施術効果が感じられない。もしくは副作用で後遺症を発生させることもあり危険です。ボトックス注射を受ける場合は、クリニックにより価格は違いますので、行く際は、事前に調べてから行きましょう。

ボトックス注射の特徴と効果とは?副作用は大丈夫?

  • ボトックス注射とはいろいろなパーツで効果を発揮する美容施術。
  • 顔に出血や外傷の目立った傷は残らない。
  • ボトックス注射は一定の量を守れば、副作用については心配しすぎることはありません。
  • 美容施術だけではなく夏場の嫌なわきの汗を抑えるワキガ抑制の効果もある。

ボトックス注射を行う際は、まず口コミなどから知りたい効果や気になる情報を集め、その後医師の口から効果や副作用についてしっかりと説明を聞きに行くといいのかもしれません。