たるみを解消し美肌を作るコラーゲンとは、そもそもどんなもの?

美肌を保つためにはコラーゲンが大切と言いますが、コラーゲンとはそもそもどんなものでしょうか?

コラーゲンとは、皮膚や肌・骨などを構成するたんぱく質であり、肌の70%を占めています。

つまりコラーゲンがたくさんあることで、肌は弾力やハリのある肌に変身します。

加齢や紫外線によるダメージでコラーゲンが少なくなれば、しわ(シワ)やシミ(しみ)・たるみも出来やすくなります。

しかし残念なことに、コラーゲンをたくさん取れば美肌になれるわけではないようです。

確かにコラーゲンを摂取することで、胃で分解された成分はいくつかコラーゲンとして生成されます。

しかし、そもそも胃で消化されるだけではほとんど美肌効果は得られません。

また人によって個人差がありますので、期待できるほど効果がない人も居るようです。

健康食品として摂取したい方は、飲むコラーゲンなどを摂ってもよいですが、肌のシワ(しわ)をなくしたり美肌になりたいと思う方は、エステなど通った方がいいでしょう。

コラーゲンで美肌を目指すなら、口から摂取するのではなく、化粧品など直接肌に塗ったり、エステのイオン導入器などによる施術を受けた方が効果的です。

美肌から遠ざかってしまう…。コラーゲンが減っていく原因とは?

肌の乾燥や紫外線を長期間浴びてしまうと、肌の真皮膚にあるコラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸などが劣化して崩壊されてしまい、顔のしわ(シワ)・たるみの原因となります。

加齢や紫外線によりコラーゲンが少なくなれば、肌の潤いも失われ、肌にしわ(シワ)が出来たりします。

女性は、エストロゲンと言う妊娠や出産に欠かせない女性ホルモンが分泌され、同時にコラーゲンを増やす働きもします。

女性ホルモンは20代は多く分泌されますが、30代以降になると分泌量が減っていきます。

年とともに肌も潤いが失われ、しわ(シワ)やたるみを作ってしまいます。

また美肌を作るためには、コラーゲンと同じくらい大切なものが成長ホルモンです。成長ホルモンは10代のころにたくさん分泌されます。

成長ホルモンは肌の新陳代謝も活発にする働きをするため、肌の新陳代謝が早く、10代のころは瑞々しい美肌でいれます。

しかし、成長ホルモンは年とともに分泌量は減り、次第に肌の新陳代謝が緩やかになり、肌にしわ(シワ)ができやすくなるのです。

しわ(シワ)・たるみを防ぎ美肌になりたい!しわ(シワ)・たるみの原因まとめ

  • 保湿ケアはすべての肌のトラブル解消の基本であり、美肌作りの第一歩。
  • 弾力を失った、コラーゲンやエラスチンは再生することがたるみへの解消の秘訣。
  • ハリ肌成分や抗しわ(シワ)成分でのケアがしわ(シワ)・たるみを消すためのポイント。
  • 紫外線は肌に悪影響ですので、しっかりと、スキンケアや日焼け止めを塗りましょう。

肌にしわ(シワ)が出来たりシミ(しみ)が出来やすくなり始めたらコラーゲンが減少し始めています。
それ以外にも、肌にダメージを与えるのが紫外線。紫外線のダメージは大きく、肌を老化させたり炎症を引き起こしたりし、肌には悪影響です。
肌のしわ(シワ)など気にするのであれば紫外線対策も行い、スキンケアや日焼け止めを塗りましょう。