このニオイ何とかしたい!なぜ、女性も加齢臭が発生するのでしょう?

美肌効果やストレス緩和、ダイエット効果などありとあらゆる女性の美で関係する女性ホルモン。

実は女性の加齢臭にも、女性ホルモンが関係しています。

中高年特有のニオイと言われる加齢臭の原因は、ノネナールと言う物質が原因。

これは中高年の皮脂の中にある脂肪酸が分解され、過酸化脂質により酸化を起こしニオイを発生します。

女性ホルモンには、この加齢臭のニオイの原因となる皮脂の分泌を抑制する働きがあります。

しかし女性も年齢を重ねると女性ホルモンの働きが弱まり、皮脂の分泌量が増え加齢臭の原因のノネナールが発生します。

ちなみに女性の加齢臭のニオイですが、男性と同じように、皮脂が酸化するニオイです。

女性は男性に比べ皮脂の量は少ないですが、女性ホルモンの量が減りだすのに合わせて、中年に差し掛かると少しずつ増えていきます。

だいたい35才くらいから女性ホルモンの量が減り始め皮脂が増えだし、40才を過ぎると女性ホルモンの働きはさらに衰えるので、ニオイの原因となる皮脂の量も増えます。

60才を超えると、さらに女性ホルモンが減り、皮脂の量も加速していきます。

女性ホルモンが関係している…。女性の加齢臭の対策はどうすればいいの?

正直、女性ホルモンが減ってしまうこと自体は、歳を重ねると仕方がありません。

ですが、だからと言ってニオイを抑えることができないという訳でもないのです、

加齢臭が起こりやすい部位は皮脂腺があり、ニオイの原因である皮脂の分泌が活発な部分なので、部位別に加齢臭の対策をしましょう。

頭は頭皮から皮脂がたくさん分泌されるので、シャンプーをする前に軽くブラッシングをして、髪や頭皮の汚れを浮き上がらせて洗いましょう。

また、シャンプーブラシを使用することで毛穴の汚れが落ちやすくなります。

女性の場合は胸の谷間も皮脂腺が多い部分ですので、ボディソープをしっかり泡立てて洗うようにすると、肌への負担も少なく洗浄力もきちんと生かして洗うことが出来ます。

耳の後ろも皮脂腺がたくさんある部分の一つです。お風呂で毎日しっかり洗い、皮脂汚れをためないようにしましょう。

口臭は加齢による唾液の分泌量の低下が起こり、唾液が減ると、口の雑菌が繁殖しやすい状態になるのでニオイを発生します。

毎食後、口の中に汚れをためないよう、こまめに水分補強をしたり、歯を磨きをしたりガムを噛んだり唾液の分泌を促しましょう。

女性は更年期に入るとおりものに変化が現れます。女性ホルモンの分泌量が減り、粘りがでてニオイも少し強くなります。

下着やおりものシートをこまめに替え、お風呂でキレイに洗って清潔にすることですが、刺激の強いソープ類は自浄作用を弱めてしまうので、お湯で優しく洗い流しましょう。

また、トイレに行く度にビデで洗うのもよくありません。

女性ホルモンの減少が理由とは言えども、ニオイがするのは女性のプライドとして許せないかと思います。

女性ホルモンが減少してもニオイ自体は極力抑えることができるため、実践する価値はあります。

女性の加齢臭を発生させない対策法とは?

  • 頭を洗う際は、ブラッシングやシャンプーブラシを使用して洗いましょう
  • 口の中の雑菌が繁殖しないよう、こまめに水分を摂りましょう
  • 下着やおりものシートをこまめに替えましょう
  • 耳の後ろは、しっかり洗いましょう

女性も男性もニオイは気になるものですが、気にしすぎるとストレスになり、ホルモンバランスが崩れニオイが強くなることがあります。
必要なケアはしっかりして、気持ちを穏やかに気にせず過ごしましょう。